TOEIC

TOEIC対策に効くたった2つのコツ

 

こんにちは、ななせです。
 
TOEICのスコアアップをめざして英語学習している人、多いですね。
私もその一人です。

 

英語学習に限らず、何かを習得するのって根気がいりますね。

 

日本語で生活しながらの外国語学習は、成果が実感できるまである程度の継続が必要なため、あまり無理な計画を立てて頑張りすぎると挫折しやすくなります。

 

でも、学びを止めてしまったらそれまでせっかく身につけた知識はすぐに忘れてしまいます。

 

特に語学の場合は、使っていないとどんどん忘れていくので、数年後に再開してみたら昔覚えたはずのことがすっかりわからなくなっていてまた一からやり直し、なんてことはよくある話です。

 

ですから、英語学習は無理のないやり方で継続することが大切です。

 

とはいえ、あまりゆる過ぎても身につかないので、そこはしっかり見極めて計画的にやりましょうね(=^・^=)

  

 

インプットとアウトプットを交互に

学習にはインプット学習とアウトプット学習の2種類があります。
 
インプットは、テキストを読んだり講師の講義を聞いたりして知識を取り込むことです。
そもそもこれがないと始まりませんね。
 

アウトプットは、インプットで取り入れた知識を使って書いたり言ったりしてみることです。

 

相手と会話をしてコミュニケーションをとったり、問題を解いたりすることがこれに当たります。

 

正しくインプットできているかを確認しながら、よりなめらかに使いこなせるように練習していきます。

 

 
インプットだけ、あるいはアウトプットだけの学習では、英語はなかなか上達しません。
 
インプットしたら、それをアウトプットで試してみることが大切です。

 

スポーツでも同じことが言えます。
楽器でも同じです。
ルールやテクニックを頭で覚えただけでは何もできませんね。
やはり実際に練習を積み重ねてこそ上手にプレーや演奏ができるようになります。
 
英語学習も、インプットしたら次はアウトプット、そしてまたインプット・・と交互に繰り返すことで徐々に力をつけていくことができます。
 
なので、効果的な英語学習のコツは、
1.無理のないやり方で継続する
2.インプットとアウトプットを交互にやる
 
 

無理のないやり方とは

では、無理のないやり方ってなんでしょうか?

 

さきほども言いましたが、まったく無理せずゆる~くやっていたのでは遊びの延長になってしまい、成果はあまり期待できないでしょう。

 

ですが、英語を勉強するからといって、睡眠時間を大幅に削ったり、レベルの高すぎる教材と格闘したりなど、それまでの生活がガラッと変わってしまうようなことをすると、やってて楽しくないばかりか挫折に向かいやすくなると思います。
継続して英語学習をするからには、ある程度の覚悟は必要ですが、相性のいい教材で隙間時間を活用するなど「これならできる、続けられる」というやり方やペースが人それぞれあるはずです。

 

それを見つけて、インプットとアウトプットを繰り返していきましょう。
 

 

スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース
ベーシックプラン

インプットもアウトプットも、スマホ1台ですべて完結する大変便利で至れり尽くせりの英語学習教材です。

 

スマホ片手に短時間でちゃちゃっと学ぶこともできるので、隙間時間を利用していつでもどこでも、電車の中でもトイレでも!
(あ、歩きスマホは危ないからやめましょうね)

 

お読みいただきありがとうございました。
ではっ!
 
TOEIC対策に効くたった2つのコツ はコメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。