中学生の英語学習

2021年 教科書改訂 で
中学英語は変わった?
講師が肌で感じていることをお話しします

2021年の 教科書改訂 により、新しい教科書が中学校で使われはじめました。

 

私はオンライン英語講師として、小中学生に日々レッスンをしていますが・・

 

いやぁ・・・

ため息ものですよ、これ 。

確かに難しくなってます。中学の英語。

 

教科書改訂 でどう難しくなったかというと、

・以前は上の学年で教えていた内容の一部が下の学年に降りている

・小学校で習った内容は、もうわかっているものとして扱われている

・「相づちを打つ」など、より自然な会話になるように口語表現が増えている

・学ぶ文法が増えているのに、肝心の教科書には文法の解説がほとんどない

などなど。

 

現在中2・中3の生徒さんは、新しい学年で習うはずだった内容が、教科書改訂 により既習扱いとなり新しい教科書に掲載がないため、学校でもまずはそこを授業でフォローしてから教科書に入るなどの措置が取られたようです。

もちろん、私のオンラインレッスンでもしっかりフォローしました。

 

教科書改訂 で新しくなった中学英語をどう勉強したらよいか、英語で後れを取ることなく得意教科として成績を維持するにはどうしたらよいのか、多くの中学生や保護者の方にとって気になるところだと思います。

ただその前に、そもそも、中学英語は、改訂前から以下の3つを押さえることが重要で、改訂後もそこは基本的に変わりません。

・教科書本文の音読・暗記・和文英訳

・単語の意味とスペルを覚える

・文法を理解して、教科書以外の文にも応用させる

上の3点は、改訂前から私が中学生にレッスンする際にやってきたアプローチ方法です。

↓ の記事は改訂前に書いたものですが、考え方は改訂後も基本的には変わりません。

中学英語で最も難しいのは 実は 中1 レベル。 得意教科で あり続けるための勉強法とは。

 

しかし、教科書改訂 で、中学3年間で習う内容が全体的にレベルアップしたことと、小学校で英語が教科化されたことで中1の最初に習う内容が難しくなった(最初からではなくなった)ことで、英語はますますとっつきにくい教科になり、教える側はこれまで以上にていねいに教えていく必要があるなと感じています。

 

 

それでは、改訂教科書で実際にどう勉強していったらいいのか、具体的なことを書きます。

 

教科書改訂 されても本文の暗記は基本中の基本

まず、教科書本文と基本文の暗記は必須です。

これは改訂前もそうでした。

授業で習ったページの本文は、必ず音読することを習慣にし、一日も早くすらすら読めるようになることを目指します。

例えば毎日寝る前に3回音読する、などと決めて実行します。

やらないと気持ち悪いくらいになればしめたもの。

読めることで、英語の授業理解も違ってくるはずです。

また、毎日やっていると自然と覚えてきます。

わざわざ暗記しようとがんばらなくても、いつの間にか覚えられたならいいですよね。

本文を覚えてしまえば、少なくとも本文に関しては文法を考えなくても自然と英語が口から出てきます。

あとはスペルを覚えさえすれば、教科書の本文が書けるようになるってことです。

これはテストで役に立ちます。

改訂でハイレベルになった本文も、音読することで無敵になれますね

 

文法を押さえることも絶対に必要

本文音読で、丸暗記ができたらいいと書きましたが、それだけでは十分ではありません。

文法を理解することも大切。

文法は、英語のルールです。

単語をやみくもに並べただけでは文にならないですが、ルールに基づいて単語を活用させたり正しい語順にしたりすることでようやく意味の通る文になります。

文法を理解することで、いろいろな文に応用させることができるんですね。

 

ところが、上にも書いたように、教科書には文法の解説がほとんどありません(一部の私立校などで採用されている教科書は別です)。

教科書に文法の解説がほとんどない点は、改訂前と同じです。

 

少しは書いてありますよ。

ポイントとしてコンパクトにまとめてはありますが、これだけでその単元の文法を理解するのはとても無理です。

そこを学校の授業でフォローするにしても、限られた授業時間の中で生徒に100%理解させるのはベテランの先生であっても難しいです。

文法以外にも教えることが山ほどありますから。

 

新しい教科書では、とにかく早いペースで進みます。

以前は何週間もかけて be動詞を教え、そのあとで一般動詞でしたが、今は同じページに両方どんって出てきます。

小学校でもやっているからということなのでしょうが、小学校でここが曖昧だったお子さんは太刀打ちできなくなってしまいますね。

せめて中1の最初くらいは丁寧にやってほしいなと思いますけどね・・

 

というわけで、文法は大事だけど教科書には詳しく書かれてないし、学校の授業だけで理解するのは難しい(ほぼ無理)というのが現状です。

生徒さんは授業のあとの家庭学習でしっかり文法の知識をつけることが望まれます。

教科書とは別に、文法の本を1冊購入して自習するか、塾やオンラインのレッスンを受講して徹底的に文法を学ぶことをお勧めします。

 

スモールワールド・オンライン英会話

 

小学校の英語とは基本的に性格が違うのが中学英語

小学生に「学校の英語楽しい?」と聞くと、多くの子が「楽しい」「好き」「もっとやりたい」などと答えてくれます。

嬉しいことです。

今は小学校でも英語の授業がありますが、「英語は楽しい」という声を聞くと、小学校の英語はまずまずうまくいっているのだなと思います。

ただ、小学校の英語はコミュニケーションを中心としており、文法はやりません。

「こういう場面ではこう言う」「こう聞かれたらこう答える」

といったことを丸暗記的に覚えます。

覚えたフレーズを使ってどんどんコミュニケーションをとるのは確かに楽しいでしょう。

クラスメートと英語でやり取りしたり、学校に来るネイティブの先生と英語でお話しして理解しあえたら嬉しいですものね。

 

ただ、中学からは変わります。

文法を理解して、もっといろいろな文を自分で作ったり、それを正しく書けるようになることが求められます。

 

つまり、教科書に書いてあることを覚えるだけでなく、応用させて使いこなせるようになることが必要です。

これには小学生時代とはまったく違ったアプローチで努力することになります。

 

 

◇得意だった人は安心せず、新しいことを学ぶつもりでしっかりやる

小学生時代英語が得意だった人は、中学入学で好スタートが切れます。

それまでの知識をベースにして、さらに知識を広げていってほしいです。

ただ、中学の英語は授業の進め方も、進む速さも、全く違います。

覚えるポイントも、小学校時代とはまるで違います。

中学の英語は新しいことを学ぶつもりで、その日に習ったことはきっちりと復習し、同時に応用力となる文法も確実に身につけていきましょう。

 

◇苦手だった人はできれば中学入学前の春休み中に、講師について基礎英語のレッスンを受ける

小学生時代に英語が苦手だったお子さん。

そのまま中学に入ると、改定後の教科書では最初から挫折しかねません。

 

脅かすようで申し訳ないですが、改訂教科書では小学校で習ったことは既習事項で、詳しく書いてありません。

 

改訂前であれば、中1でもう一度アルファベットやbe動詞といった基礎をやってくれたので、それまでの苦手をリセットするチャンスだったのですが、改訂教科書ではいきなり be動詞に一般動詞、教科書によっては不定詞まで少しあったりするので大変です。

そこで、英語がますます苦手になってしまわないように、できれば中学に入学する前にぜひ対策することをお勧めします。

もう入学してしまった中1生は、今からでも遅くないので、すぐに対策をお勧めします。

 

講師について基礎英語を学ぶ

独りで勉強するのではなにをやっていいのかわからないかもしれませんし、やる気も出にくいというもの。

教えてくれる人につきましょう。

集団より個人レッスンが理想です。

お金は少々かかりますが、生徒さんの状況を理解して優先順位の高いものから丁寧に教えてくれる講師につくことをお勧めします。

学校で習っているところまで追いつくことができれば、そこからは学校の授業と並行して補習をし、定期テストの前はテスト対策も可能です。

 

塾やオンラインを活用する

学校の授業だけで中学の英語をすべて理解することは難しいです。

ベテランの先生がどれだけ丁寧に上手に教えても、学校の限られた授業時間ですべてを網羅することは無理です。

そこで、授業ではポイントだけを学び取り、あとは家庭学習として自分でやるしかありません。

おうちで授業の復習をし、問題集などに取り組めば応用力がつきます。

 

ただ、ひとりでするのは大変だと思います。

塾やオンラインの力を借りるのがおすすめ。

気の合う講師に出会えれば、効率よく英語力をつけていくことができますよ。

 

スモールワールド・オンライン英会話

 

では!

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です