音読

NHKテキストで音読練習!
遠山顕の英会話楽習
2020年5月号より一部抜粋!

こんにちは。
NHKの語学テキスト「遠山顕の英会話楽習」を一部抜粋します。

音読練習に役立ててください!!

音読用英文の下に、ワンポイントアドバイスなどをさせていただいています。

よろしければ参考にしてくださいね。

どこもつっかえずにスムーズに読めるようになるまでトレーニングのつもりでくりかえし練習すると確実に力がついていきます。
今回は、2020年5月号です。
気にいったら毎日でもトレーニングに来てくださいね♪

 

音読用英文

ニュースキャスターのウエンディー(W)が、気象予報士ピーター(P)に声をかけます。
一人二役でどうぞ。

W:  Our meteorologist, Peter Misora, has the latest on Hurricane Lulu.  Peter?

P:  Well, Wendy, Hurricane Lulu has been downgraded to a tropical storm.

W:  That’s good.

P:  Nonetheless, people on Green Island are bracing for high winds and torrential downpours.

W:  Even though it’s not a hurricane, people should still take extra precautions?

P:  That’s right.

W:  Thanks.  Peter.  Everyone stay safe.

NHKテキスト   遠山顕の英会話楽習 2020年 5月号より引用

 

ヒント

meteorologist  気象予報士
oが3つありますが、真ん中のoにアクセントを置きます。

the latest    最新情報

be downgraded to …   ・・・に降格される
反対は、be upgraded to … です。

tropical storm    熱帯暴風雨

nonetheless   とはいえ
逆説の接続詞。

brace for …   ・・・に備える
ここでは進行形で使われています。

high wind    強風

torrential downpour    集中豪雨
downpour はまさにバケツをひっくり返したような豪雨。

Even though …    ・・・であっても
Even though (S) + (V) … のように使います。

take extra precautions   十二分に警戒する

stay safe    気をつけて

今回は、 meteorologist, tropical storm, high winds, torrential downpour など、あまり馴染みのない気象用語がでてきました。

発音が難しいものもありますが、早口言葉のつもりでやると楽しいと思います。

すらすら読めるようになったら、ニュースキャスターになりきって、きびきびした口調でビシッと決めてみてください。

 

リズムに乗ってテンポよく

いかがでしたか?
英語はコミュニケーションツールです。
キャッチボールのようにテンポよく会話がやり取りできると楽しいですよね。

なので、こういう模擬会話を使った練習も、テンションは上げ気味に、笑顔でやりましょう。
なんならネイティブになったつもりで、少し大げさな身振りをつけながらやるとより楽しく続けられるかもです。

音読で練習した表現をいつか実際に使うかもしれないと意識して、トレーニングを積んでいきましょう。

↓↓↓ 今回のテキストはこちら ↓↓↓

遠山顕の英会話楽習 2020年 05月号 [雑誌]

価格:495円
(2020/4/19 15:15時点)
感想(0件)

電子版 ↓↓↓

NHKラジオ 遠山顕の英会話楽習 2020年5月号[雑誌]【電子書籍】

価格:418円
(2020/4/19 15:16時点)
感想(0件)

NHKテキストで音読練習!
遠山顕の英会話楽習
2020年5月号より一部抜粋! は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。