主婦日記

悶絶級の激痛!
尿管結石を便秘と誤診されました

こんにちは。ななせです。

最近私の身に起きた出来事を書きます。

先日の4連休の二日目の夜、左の下腹部に激痛が起きまして。

そこから数日間、痛みに何度も襲われました。

連休明けに病院で検査して、尿管結石と診断されました。

今はまだ通院してますけど、痛みは起きておらず、全身の倦怠感も治り、元気です。

 

実は、その1か月前(8月)にも同じ痛みを経験していました。

そのときから3人の医師にかかりましたけど、誰も尿管結石を見抜けず「様子を見よう」「便秘かも」と言われただけ。

痛みは6日ほど続いたあとは消えてしまったので、私も「便秘だったのか」と納得していました。

 

そんな中、1か月後の9月、連休中に激痛再来。

この痛み、襲っては引き、を繰り返します。

一度痛みが始まると少なくとも1、2時間は続きます。激痛です。

姿勢によって痛みが和らぐことはなく、呼吸することさえ痛みに響きます。

よく「尿管結石は痛みで七転八倒する」と言われますけど、私の場合はあまりの痛みで動けず、七転八倒するような元気はなかったです。

うずくまって耐えてるしかないような。

で、耐えてると足がこむら返りを起こし始めるんですよ。

お腹が激痛で足がこむら返りって悲惨でしょ(泣)

だからこむら返りを治めようと激痛の中、手を伸ばして足を反らせてました。もう必死で。

 

痛みが引くと、しばらくはいいですが、数分後、あるいは数時間後、それとも数日後にまた激痛が襲ってきます。

 

そして1か月ぶりの痛み再来で、これは便秘なんかじゃない・・・と直感し、連休明けに再検査をして、ようやく尿管結石がわかった次第。

病名を聞いたときは驚きましたけど、やっと本当の診断が出てほっとしました。

 

 

尿管結石

 

腎臓に何らかの原因で石のような固いものができ、それが尿管に落ちると尿の通りが悪くなるため腎臓に負担がかかり痛みが起きます。

 

 

おもな症状は痛みと血尿

右、または左下腹部から脇腹と背中にかけての激痛が繰り返し起きます。

本当に痛いです。
出産と同じくらい。

血尿は、自分で見てすぐわかる場合と顕微鏡で見てもらってわかる場合とあります。

痛みが治まっているとき、痛い側を背中側からこぶしで軽くたたくと響きます。
痛くない側と両方たたいてみて比べるとすぐわかります。

 

まさかの誤診

診断がでるまでに3人の医師に誤診されました。

上に書いた症状はすべてそろっていたのに、皆さん専門外だったようで。

通常は尿管結石の激痛が起きると救急車で搬送されることが多いようです。

私も、あまりの痛みに一度、救急車を呼びました。

ところが、幸か不幸か病院に到着する前に痛みが治まってしまったんです。

そのときすでに何度も痛みを繰り返していたので、また数時間後には痛みが来るのではと恐ろしさでいっぱいでした。

でも、病院の医師(若い、夜勤のアルバイト医師)は、「治ったんなら帰れば?」的な態度で病名を「便秘痛」ということにされました。

こちらもそのときは自分が尿管結石であることなど想像もしていなかったので、この診断を受け入れるしかなかったです。

救急車で来たにも関わらず、痛みが引いてしまい、大げさな患者だと思われたのでしょう、気まずい空気もありました。

 

今となってはひとこと言いたい。へっぽこ医師めっ。

 

別の病院では、痛みの波が引いたタイミングで自力で行ったため、痛みの激しさが伝わらなかったようです。

お腹の痛みなので胃腸科にかかったのもミステイクでした。

それでも、患者が訴える症状や尿検査の結果から尿管結石も視野に入れて診ることくらいできたんじゃないのか、とも思います。

 

さらに、連休中に受診した病院では、ちょうど診察の最中に痛みが来て、動けないほど痛がっているにも関わらず、痛み止めの注射を打っただけで帰されました。

自治体の休日診療所だったのでそれが限度だったのかもしれません。

 

そんな紆余曲折を経て、ようやく正確な診断が出て、治療を始めることができたわけです。

初めての発作から治療開始まで1か月もたってしまっているため、腎臓への影響も出始めていたようですが、ぎりぎりなんとか大事には至らなかったみたいです。ほっ。

 

 

尿管結石は珍しい病気ではない

男性で7人に1人、女性で15人に1人は一生に一度はかかると言われているそうです。

下腹の片側から背中にかけて激痛が起きたら、もしかして・・と思ってもらいたいものです。

もちろん素人判断はいけませんが、「悪寒→風邪かな?」と同様に「下腹激痛→尿管結石かな?」と一般常識として誰もが思い当たるようになればいいと思います。

専門外の医師も、お腹の激痛を訴える患者には、尿管結石の可能性を視野に入れて診察してくれるといいと思います。

 

それにしても、やっぱり健康が一番。

元気でいられることって、ありがたいですね。

では。

 

 

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です