フレンズで英語!

フレンズ で英語
シーズン7第10話
アルマジロ・クリスマス

こんにちは。
シットコム「 フレンズ 」で印象に残るエピソードやセリフを書いています。

Joey のカタカナ表記について。
Huluのタイトルや字幕には「 ジョーイ 」と表記されています。
しかし、「ジョウイー」の方が英語本来の発音に近く、個人的にはこちらの方がしっくりくるので、当記事では「ジョウイー」と書かせていただきます。

今回はシーズン7第10話「アルマジロ・クリスマス」。
ロス、チャンドラー、ジョウイーの3人がコスプレしますよ!

 

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

フレンズ 7-10あらすじ

・フィービーのアパートの改修工事が終わり、フィービーはモニカの部屋を出ることに。レイチェルとまたルームメイトとして暮らしたいが、ジョウイーとの暮らしが楽しそうなレイチェルを見ると言い出せない。

・ロスは息子のベンにユダヤ教のハヌーカの話をしてあげようとするが、ベンはクリスマスに夢中でそれどころではない。

 

Hulu

 

フレンズ 7-10みどころ

個人的にツボった場面です・・・気になる方はHuluでチェック!

 

♢母の頭蓋骨

今回もフィービー節が炸裂!独特の世界観とナイーブな感性で終始笑える。

・部屋に入るなりリアルなどくろをテーブルに置く

・母のよ・・いえ、母が持っていたものよと・・

・母の教えを フレンズ に披露(大切な教えだが、フィービーが言うと笑える)

・お菓子が入っている

もう、どれをとってもフィービーらしい。

 

Huluでいますぐ視聴!

 

 

♢手際の悪いチャンドラー

レストランの順番待ちで、優先的に入れてもらえるよう案内係にお金をわたしてとモニカがチャンドラーに提案。

しかし、チャンドラーは要領が悪くて渡せない。

 

Huluでいますぐ視聴!

 

 

♢アルマジロ

ロスは、ベンを喜ばせようとサンタの衣装をレンタルしようとするが、クリスマス直前のため売り切れだった。

仕方なく、どうにか借りられたアルマジロの衣装を着てベンに会う。

すると、チャンドラーがサンタの衣装で現れ、続いてジョウイーも!

しかし、滑稽な格好の3人が協力してベンにハヌーカの話をしてあげるのは フレンズ ならでは連帯感。

 

Huluでいますぐ視聴!

 

 

フレンズ で英語

個人的に好きなセリフ、覚えたい単語、真似したい表現などを掲載します。
セリフはHuluの英語字幕を引用しています。

日本語訳は基本的にHulu の訳を引用しています。
フレンズ を見ていない方にも理解しやすいよう、少し補足することがあります。

Hulu

 

♢shake you down

レストランの順番を優先してもらおうと、モニカはチャンドラーに入れ知恵する。

Monica:  TO GET A TABLE.  PLACES LIKE THIS ARE ALWAYS SHAKING YOU DOWN.  EVERYBODY WANTS A PAYOFF.
先に入れてもらうの 金がモノを言うわ
(こういうところでは客はふるいにかけられるのよ みんな賄賂が欲しいの)

 

Hulu

 

♢maybe on some level

ジョウイーとの生活があまりにも楽しそうなレイチェルに、フィービーは同居を再開しようと言い出せない。その気持ちをモニカに見抜かれ・・

Monica:  WAIT A MINUTE, PHOEBE, YOU GOT JOEY DRUMS TO ANNOY RACHEL SO SHE WOULDN’T WANT TO LIVE THERE ANYMORE?  
ドラムを贈ったのはレイチェルを追い出すため?

Phoebe:  MAYBE ON SOME LEVEL. 
掘り下げればね

 

フレンズ視聴はHuluで

 

 

♢It’s on me.

フィービーがジョウイーに贈ったプレゼント第2弾はタランチュラ。

レイチェルを怖がらせ、ジョウイーではなく自分と同居したくなるようにさせるためだったが、怖がったのはジョウイーの方だった。

Rachel:  JOEY, ISN’T THIS COOL?
最高の贈り物ね

Joey:  IS IT ON ME?  I FEEL, I FEEL LIKE IT’S ON ME.
俺を狙ってる

 

It’s on me.  「私のおごりだ」という意味でもある

 

フレンズ視聴はHuluで

 

今回は以上!

 

今ならHuluでフレンズが2週間無料で見放題!

英語力アップにおすすめ!

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です