フレンズで英語!

フレンズで英語!シーズン2第5話
人生はツライよ

こんにちは。
アメリカの伝説的人気コメディードラマ「フレンズ」が大好きな英語講師です。
毎日仕事終わりにHuluで見ています。

こちらに好きな場面やセリフを取り上げ、気の向くまま書いているので、よろしければおつきあいくださいませ。
フレンズをよく知らない方も、そのおもしろさを感じて、ハマるきっかけになれば嬉しいです。

今回はシーズン2 第5話です。

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

あらすじ

・いつも仲のいいフレンズたちだが、バイト生活のレイチェル、フィービー、ジョウイーの3人は正規雇用のロス、モニカ、チャンドラーほどの収入がない。仲間の祝い事やお金のかかる遊びについていけず、それに気づかないロスたちとの関係がぎくしゃくしてくる。

・チャンドラーの留守電にかかってきた1本の間違い電話。好奇心と下心でチャンドラーは電話の主に会い、ハッピーな展開に大喜びするが・・・

・レストランに勤めるモニカは、料理長で仕入れ責任者に昇進する。しかしすぐに解雇されてしまう。

Hulu

 

みどころ

♢チャンドラーとまちがい電話

アパートにかかってきた1本の間違い電話に、チャンドラーはイタズラ心を起こす。
小躍りしながら元カレになりきって電話の相手と話すチャンドラー。横にいるロスはあきれ顔。

その後も女性をカフェに呼び出すなど、チャンドラーの暴走は止まらない。
最後、チャンドラーのベッドでのテクニックが暴露されたときのチャンドラーの赤面する表情!

Hulu

 

♢フレンズたちの収入格差

収入格差でフレンズたちがぎくしゃくしてしまう。

バイト組3人で愚痴をこぼす場面では、いつものジョークはなく、シリアスで現実的。

3人で結束して正社員組に本音をぶつけてみても、うまく伝わらずにかえってプライドが傷ついてしまう。

Hulu

 

♢解雇されたモニカにフレンズたちは

仕事で昇進し、張り切っていたモニカだったが、知らないうちに会社のポリシーに違反し、解雇される。
それを知ったフレンズたちは一斉にモニカの周りに集まり、気遣う。

フレンズたちの絆が感じられるこのシーンは何度見てもいい。

 

English in Friends

個人的に好きなセリフ、覚えたい単語、真似したい表現などを掲載。
セリフはHuluの英語字幕を引用。

日本語訳は基本的にHulu の訳を引用している。
ドラマを見ていない方にも理解しやすいよう、少し補足することもある。

 

♢チャンドラーと電話

間違い電話に出てデートの約束を取り付けたチャンドラー。
ロスの心配をよそに会う気満々である。

Chandler:  HAVING A PHONE HAS FINALLY PAID OFF.
電話加入の元が取れた。

(略)

Ross:  YOU’RE NOT REALLY GONNA GO THROUGH WITH THIS, ARE YOU?
マジで会う気?

Chandler:  YOU KNOW,  I THINK I MIGHT JUST.
会う気 満々

 

♢一言多いウエイター

モニカの昇進祝いで、レストランのウエイターがなかなか注文をしないフレンズたちに言う。

Waiter:  I’LL BE RIGHT OVER THERE ON THE EDGE OF MY SEAT.
ではお声をジリジリと待っています。

on the edge of one’s seat   (椅子にきちんと座っていられないほど)今か今かと待つ

Hulu

 

 

Huluでフレンズ視聴。 英語力アップにもおすすめ!

以上

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です