フレンズで英語!

フレンズで英語!シーズン2第12話
スターとデート

こんにちは。
アメリカの伝説的人気コメディードラマ「フレンズ」。
好きな場面やセリフを取り上げ、気の向くまま書いているので、よろしければおつきあいくださいませ。フレンズをよく知らない方も、そのおもしろさを感じて、ハマるきっかけになれば嬉しいです。

今回はシーズン2 第12話です。

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

あらすじ

・メロドラマに出演しているジョウイーは初めてのファンレターをもらって大喜び。しかし、手紙の送り主は、ドラマの役と現実のジョウイーを倒錯した熱烈すぎるファンの女性だった。

・カフェで自作の歌を歌うフィービーは、ある日図書館で子どもたちに歌ってほしいと依頼され、引き受ける。

・ロスは以前飼っていたサルのマルセルが映画に出ていると知り、撮影現場に会いに行く。

Hulu

 

みどころ

♢ブルック・シールズ登場

ブルック・シールズがジョウイーのメロドラマの役と現実を混同した熱烈すぎるファン、エリカを熱演しています。

デート中にジョウイーの手をベロベロ舐めまわしたり、不気味な笑い声を上げたり・・あのブルック・シールズが??とびっくりしました。

そんなちょっと怖いファンのエリカに、ジョウイーが別れを告げるシーンでは、居合わせたフレンズたちも一致団結します。

次々とジョウイーの顔に水を浴びせて、エリカが別れたくなるように仕向けるのはさすがの絆。

 

Hulu

 

♢子どもたちの人気者

フィービーは図書館で子どもたちに歌を披露しますが、相変わらず歌詞がシニカル。

もっと純粋な歌を歌ってくれと要望され、後日また歌いますが、これも不評でフィービーは解雇されてしまいます。

ところが、子どもたちには大好評だったようで、カフェを探し当てた子供たちが大挙してやってくる事態に。

これにはほっこりしますね。

Hulu

 

♢マルセルとの再会

動物園に引き取ってもらったはずのマルセルが、いろいろあって今は映画に登場する役者サルになっていました。

フレンズたちはロケ現場に向かい、再開を果たすのですが、これがいい!

“The Lion Sleeps Tonight” をフレンズが全員で歌い、マルセルがロスたちに気づくという心憎い設定に感動!

Hulu

 

English in Friends

個人的に好きなセリフ、覚えたい単語、真似したい表現などを掲載します。
セリフはHuluの英語字幕を引用しています。

日本語訳は基本的にHulu の訳を引用しています。
ドラマを見ていない方にも理解しやすいよう、少し補足することもあります。

 

♢マルセルの思い出

フレンズたちがサルのマルセルの思い出話に花を咲かせる場面で。

Phoebe:  …(略)… AND, THE LITTLE POUTY CHIN
しもぶくれだもの。

pouty = ぽってりした
pouty lips = ①ふくれっつらで突き出した下唇 ②ぷるんとしたかわいい唇

 

Ross:  REMEMBER WHEN, SOMETIMES, HE’D BORROW YOUR HAT AND WHEN YOU GOT IT BACK, THERE’D BE LITTLE MONKEY RAISINS IN IT?
よく帽子を借りて中にフンをしてたよね。

monkey raisins = フンを遠回しに表現している
これはロスしか笑えない思い出!

 

♢ストーカーが来た!

ファンレターの差出人がジョウイーのアパートにやってきた。
近づいてくる靴音に、逃げられないと覚悟を決めるジョウイーとチャンドラー。

Joey:  THIS IS IT.  THIS IS HOW WE’RE GONNA DIE.
もうダメだ。殺される。

This is it. = これで終わりだ。
This is how we’re gonna die.  =  こうやって俺たち死ぬんだな。

 

♢マルセルの行方

マルセルは死んだと聞かされたロスは、動物園の他の職員からマルセルの本当の行方を知らされる

Man:   THE ZOO. YOU BELIEVE EVERYTHING THE ZOO TELLS YOU?
動物園は何でも正しいのか?
動物園が言うことは全部信じるのか?

Ross:  THAT’S THE ONLY THING THE ZOO’S EVER TOLD ME.
何でもとは言わない。
動物園から聞いたのはそれだけだ。

 

 

今回は以上です。

Huluでフレンズ視聴。 英語力アップにもおすすめ!

 

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です