フレンズで英語!

フレンズ・シーズン1第14話
バレンタインの恋愛騒動

こんにちは。
アメリカの伝説的人気コメディードラマ「フレンズ」が大好きな英語講師です。
最終話まで見終わった今でも、Huluでくり返し見ています(笑)。

好きな場面やセリフを取り上げ、気の向くまま書いているので、よろしければおつきあいくださいませ。
フレンズをよく知らない方も、フレンズのおもしろさを感じて、ハマるきっかけになれば嬉しいです。

今回はシーズン1 第14話です。
Hulu

あらすじ

明日はバレンタイン。一緒に過ごす相手を見つけたいフレンズたち。

ロスは同じアパートに住むかわいらしい女性とデートの約束を取りつけるが、実際に会ってみると話がかみ合わない。

ジョウイーはチャンドラーを誘ってダブルデート。
しかし、チャンドラーのお相手として現れたのは、以前やっとの思いで別れた元カノのジャニスだった・・・

女子3人は一緒に過ごす相手がいない。
フィービーの提案で、厄払いと男運を呼び寄せる儀式をするが・・・
Hulu

 

みどころ

♢ジャニス

Oh, my god! というセリフと共に登場するジャニス。
チャンドラーの元カノですね。
別れてから2度目の登場ですが、今回はさらにパワーアップしてチャンドラーにぐいぐい迫ります!
ジャニスに翻弄されるチャンドラーの表情に注目!
Hulu

 

♢ロスの悩み

デート中にたまたま遭遇した元妻に本音を吐露するロス。
元妻もロスの悩みを理解し、誠実に対応するステキなシーン。
Hulu

 

English in Friends

個人的に好きなセリフ、覚えたい単語、真似したい表現などを掲載します。
セリフはHuluの英語字幕を引用しています。

日本語訳は基本的にHulu の訳を引用しています。
ドラマを見ずにこの記事だけを読む方にも理解してもらいやすくするために少し補足することがあります。

 

♢Girl’s Talk

Rachael:  HOW DO WE END UP WITH THESE JERKS?  WE ARE GOOD PEOPLE.
寄ってくるのは変な男ばかり(なのはどうしてだろう?私たちはまともなのに)
過去の男たちのダメっぷりを思い出してはため息の女子3人。

Monica:  I DON’T KNOW.  MAYBE WE’RE LIKE SOME KIND OF MAGNETS.
私たちって磁石みたい。

Phoebe:  I KNOW I AM.  THAT’S WHY I CAN’T WEAR A DIGITAL WATCH.
時計が狂うはずだわ。(たしかにそう。だから私、デジタル腕時計ができないのね)
この謎の発言をしてビールをラッパ飲みするフィービーに、???な二人。

そして、

Monica:  THERE’S MORE BEER, RIGHT?
私も飲むわ。(まだビールあるわよね?)
Hulu
 

♢ロスの本音

Ross:  AND I’M HERE TALKING TO YOU AND – AND IT’S EASY AND IT’S FUN AND I DON’T … I DON’T HAVE TO …
 でも君と話してると気楽でおもしろい。だから無理してまで・・・
可愛い女性とデートしても話がかみ合わないしつまらないとキャロルにこぼす。

Carol:  I KNOW.
わかる。

Carol:  YOU’LL FIND SOMEONE, I KNOW YOU WILL.  THE RIGHT WOMAN IS JUST WAITING FOR YOU.
今にきっといい人が見つかるわ。
ロスに心から同情し、誠実に答える元妻のキャロル。

Ross:  THAT’S EASY FOR YOU TO SAY YOU FOUND ONE ALREADY.
自分は見つけたもんね。
そう。キャロルにはレズビアンの相手がいるのです。

Hulu

Hulu

Huluでフレンズを視聴できます。 英語力アップにおすすめです!

 

では!

 

フレンズ・シーズン1第14話
バレンタインの恋愛騒動 は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。