フレンズで英語!

フレンズ・シーズン1第11話
チャンドラーのママ登場!

こんにちは。
アメリカの伝説的人気コメディードラマ「フレンズ」が大好きな主婦です。

好きな場面やセリフを取り上げ、気の向くまま書いているので、よろしければおつきあいくださいませ。
フレンズをよく知らない方も、フレンズのおもしろさを感じて、ハマるきっかけになれば嬉しいです。

今回はシーズン1 第11話です。

 

あらすじ

タイトルの通り、今回はチャンドラーのママが登場!

著名な官能小説家として活躍しているチャンドラーのママ。
美人でセクシーでみんなのあこがれの的。
一緒に食事することになったフレンズたちは大喜び。

しかし、チャンドラーは一人浮かない顔。
昔から母親らしいことは何もしてもらったことがないと言います。

そんな中、ロスがとったある行動をきっかけに、親子関係に変化が・・・

 

みどころ

♢モニカとフィービー

街で見かけたイケメンが目の前で交通事故にあい、責任を感じたモニカとフィービーは病院に通ってお世話をします。

イケメンとの出会い、昏睡状態のイケメンのお世話、そして別れまで、二人のやり取りがコントのようで笑えます。

 

♢ロスとチャンドラーのケンカ

酔った弾みというか成り行きで、チャンドラーのママとキスしてしまったロス。

目撃したジョウイーは呆れながらチャンドラーにちゃんと話した方がいいとアドバイス。

激怒するチャンドラーと平謝りのロス。

悪いものは悪いとロスを責めつつも、二人の間を取り持つジョウイー。

それぞれの立場の男3人の言うことはどれも共感できますし、無事仲直りできたときはほっとしました。

 

 

English in Friends

個人的に好きなセリフ、覚えたい単語、真似したい表現などを掲載します。
セリフはHuluの英語字幕を引用しています。
日本語訳は基本的にはHulu の訳を引用していますが、ところにより私が独自に訳しています。
ドラマを見ずにこの記事だけを読む方にも理解してもらいやすくするためです。ご了承ください。

♢チャンドラーの親子関係

Chandler:  THAT’S TOO MUCH INFORMATION!!
具体的すぎる!!
テレビに出演中のママをフレンズたちみんなで見ていたとき、そのあまりに赤裸々なトークに思わずテレビに向かって叫ぶ。

Mrs. Bing:  OH, PLEASE, HONEY!  LISTEN, IF I CAN DO IT, ANYBODY CAN.
わたしができたのよ、誰だってできるわ。
チャンドラーのママに憧れ、自分も作家になりたいと言うレイチェルに。
謙遜しながら相手の背中を押す。スマートですね。

Chandler:  MY MOTHER, LADIES AND GENTLEMEN.
これが俺の母だ。
母がレイチェルに作家になる方法を過激な言葉でアドバイスするのを見て。
でも、実はチャンドラーもそんな母を誇りに思っているのが表情からわかります。

 

♢目を覚ましたイケメン

イケメン:  SO, I GUESS I’LL … SEE YOU AROUND.
じゃ、またどこかで。
話を切り上げる際の決まり文句。
イケメンにしてみれば、昏睡から目覚めたら見ず知らずの女性が二人病室に立っていたわけで、こう言うほかにない。

Phoebe:  WHAT, THAT’S IT?
それだけ?
昏睡中にお世話をしたのにあっさりSee you around.  と言われて拍子抜けする。

 

フレンズはHuluで

Huluでフレンズを視聴できます。 定額で見放題なので、英語力アップにおすすめです!
Hulu
では!

フレンズ・シーズン1第11話
チャンドラーのママ登場! は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。