英検

英検合格へのアドバイス②
学習プランを立てる

こんにちは。ななせです。
英検を受けようと決めたら、絶対にお勧めしたいのが学習プランを立てて、それに沿ってしっかりと準備することです。
実力を測るだけだから特に勉強せず、出たとこ勝負で・・という考え方もありますが、せっかく受検料を払っているのですから合格はしたいですよね。また、同じ合格でもすれすれで合格なのか、上位で合格なのかは結果に記載されます。できることなら上位で取る方が気持ちがいいというもの。勉強しておいて損はありません。
今回は学習計画を立てる際の注意点をまとめます。
 

合格カレンダーを作る

カレンダーとにらめっこして、合格までの日数に合わせてどの日に何を勉強するのかを決めていきます。
「英検」と一言で言っても、単語、文法、長文読解、リスニング、ライティング等、様々な問題が出題されます。自分にとって得意なものと不得意なものがあるでしょう。不得意なものにはより多くの時間を使って勉強して自信をつけておきたいですね。
受験日までの時間は限られていますから、その限られた時間をどう使うかが合格のカギになります。しっかりと計画を立てましょう。
 
以下、内容別に勉強方法のポイントをまとめます。

 

単語を覚える

英語の問題を解いていて、「この単語の意味さえ分かれば解けるのに!!」と思ったことはありませんか?
知っている単語が少なすぎるために点が取れないなら、単語を覚えましょう。
目標の級の必須単語集などが本屋さんに出ていますので、1冊手に入れてがんがん覚えていきましょう。
もちろん、記憶力がいりますからひととおり読むだけでは意味がありませんね。毎日数ページずつ、根気よく覚えていきましょう。
英検の場合はスペルまで正確に覚える必要はありません。見て意味がわかればいいだけです。本のページを行きつ戻りつしながら覚えてもいいですし、単語カードなどに書いて覚えてもいいですね。自分にあったやり方でどうぞ。
単語覚えは、受験日当日まで毎日続けます。
覚えたと思った単語も時間がたつと忘れることもあります。2巡、3巡・・と繰り返し取り組みましょう。慣用句なども同じです。
 

文法を理解する

英検受検を機に、理解があいまいな文法を整理して理解しておきましょう。
級ごとに文法の出題範囲はだいたい決まっているので、それを押さえればOK。本屋さんで、英検の級別に文法を解説した本を手に入れてください。
ただし、文法だけを覚えるのはつまらないし難しいと思います。
とりあえず理屈を理解したらその文法を使った例文を丸暗記することをお勧めします。
単語を覚えるのと同じ要領で覚えていきましょう。

長文読解

長文読解のトレーニングはとにかく長文をどんどん読んで長文に慣れることです。
英文の記事が無料で読めるサイトなどで毎日英文を読んで、慣れていきましょう。和訳があれば読んだ後は和訳で確認しましょう。
長文を早く読むコツは、一つ一つの文を日本語に訳しながら読むのではなく、英語を英語のまま理解して読み進めていくことです。
多少意味がわからないところがあっても気にせず読んでいきます。読んでいくうちにわかることもよくあります。
あまりにも長くて意味が取りにくい文は、主語と動詞がどこにあるのかマークしながら読むと理解しやすくなります。

このようにして、長文に慣れていきましょう。

 

ライティング

英検のライティング問題には独特のパターンがあります。過去問題集で確認して、パターンに沿って書けるように練習しましょう。
 

リスニング

ラジオ講座などでできるだけネイティブの発音を聞いて慣れましょう。
 
と、英検の勉強にもいろいろなアプローチがあるわけです。苦手なところを中心にうまくプランを立ててみてくださいね。
1日短時間でもいいので毎日勉強しましょう。
 
 
英検合格へのアドバイス②
学習プランを立てる は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。