英検

英検合格へのアドバイス⑥
英検対策講師の選び方

 

こんにちは。ななせです。
 
英検の勉強をするために、講師からレッスンを受けるならどんな講師がいいですか?
英語講師にもいろんなタイプの人がいますから英検対策が得意な人もればそうでもない人もいます。
また、相性の問題もあります。
可能なら何人かお試し受講してみて、一番しっくりくる人を選ぶといいですね。
 
以下は私が思うオススメな英検講師のタイプです。
5級~2級を狙う人にとってのお勧め講師です。
参考にしてください。
 

少なくとも準1級レベルの英語力

 生徒さんが5級を受ける英語初心者であっても、講師は準1級か同等の英語力は持っているべきです。
2級以下の人を悪く言うつもりはないのですが、たとえ5級レベルの英語であっても責任を持って合格に導くなら講師はそれなりの英語力を持ち合わせている必要があると考えます。
そしてできれば講師自身も英検受検経験者がいいですね。
英語力だけでなく、英検会場の雰囲気などを体験済みの方が生徒の不安な気持ちも理解してくれやすいと思います。
 
 

教えるスキルがある

 英検対策に限りませんが、いくら英語力があっても教え方がヘタだと生徒さんのモチベーションが下がってしまいます。
文法を分かりやすく解説したり、その生徒さんに必要な情報を的確に判断し授けて定着に導くのは講師の力量にかかっています。
 
 

発音がきれい

クセのない、聞き取りやすい正しい発音で英語を話す人がいいです。
講師のきれいな発音に慣れておくと、リスニング問題が楽に聞き取れるようになります。
受講期間にもよりますが、リスニングの対策を特にしなくても英語の耳ができるということです。
 
 

引き出しがたくさんある

たとえばある文法項目を教えたとして、それが生徒さんの中で定着するまでは例文を覚えたり練習問題などを数多くこなす必要があります。
生徒さんの反応から定着の度合いを見つつ、必要に応じて臨機応変に英検で頻出の例文や問題を繰り出すことのできる講師がいいです。
 
 

最後は相性

講師を選ぶ際に口コミはおおいに参考になります。
ですが、どんなに人気のある講師でも、すべての人に好まれるわけではありません。
優しい雰囲気の人がいい、ビシビシやってくれる人がいい、詳しく解説してくれる人がいい、説明は最小限で実践重視の人がいい等、生徒さんが求める講師像はさまざまです。また、「生理的にこの人はどうしても合わない」と感じる講師もいるかもしれません。
また当然ですが、どんなにいい講師についたとしても、生徒さん本人が本気出して勉強しないことには何にもなりません。
この人ならがんばれる、ついて行ける、と思える講師を見つけて思う存分力をつけていきたいですね。
 
ではまた。
英検合格へのアドバイス⑥
英検対策講師の選び方 は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。