英検

英検合格へのアドバイス①
合格する人がしている2つのこと

はじめまして。ななせと申します。
昔も今も英検を受験する人、多いですね。
私は英語講師をしていますが、受験日の1か月くらい前になると、普段からレッスンをしている生徒さん以外にも新規の生徒さんが駆け込み的にやってきます。
駆け込みでやってこられた方には当然レッスンも突貫工事になりますが、合格されると嬉しいですね。まさに講師冥利に尽きる、です。
しかし、合格者がいる一方で、残念ながら落ちてしまう人もいます。
一生懸命勉強したのに落ちてしまうのは残念ですが、英検は1年に3回実施していますから、気持ちを切り替えて勉強してまたチャレンジしてほしいですね。
実力がその級のレベルに達していなければ落ちてしまいます。が、他にも合否がわかれる要素のようなものを、生徒さんたちを見ていて感じることがあり、それをここに書いてみます。

1.受ける目的が明確か

みなさん英検を受ける目的は何でしょうか?
進学や就職のため(その級を持っていることが必須、または有利)
学校で取れと言われる(取ると成績表に載る)
今の自分の英語力を証明したい(知りたい)
なんとなく
 
ほかにもいろいろあると思います。
の人は必要に迫られている人です。合格めざして自発的に努力するでしょう。
も客観的に知っておく意義は大きいです。
はどうなんでしょう。
周りが受けるから自分も受けてみようとか、級が取れればかっこいいかも、とかですかね。
もちろん合格すればいいですよ。ですが、どうせ受けるならもっと明確なモチベーションがあった方が勉強にも身が入るのではないでしょうか?受験料も安くはないですしね。
取って友達に自慢したい、でもいいです。絶対に合格して見せる、という強い意志をもって勉強すれば合格のチャンスは上がるはずです。
 
あと、目標の級を取ったあと、勉強をやめてしまう人が意外と多いです。これはかなりもったいないことです。
英語は使わないと忘れてしまいます。級を取ったらそこをスタート地点にしてその先に進んでいかないと、せっかくつけた実力がどんどん失われていき、残るのは「オレ級持ってる」というプライドだけ、というなんとも残念なことになってしまいます。
なので、英検をこれから受ける人はぜひ、なぜその級を取りたいのかを明確にし、合格したら見えるであろう景色を想像して、その先のことも意識して学習のモチベーションをあげてくださいね。
 

2.いつまでにどの級を取るか決めているか

「英検級を持っている」と言うと、その人のおおよその英語力(会話力ではない)がわかります。
就職試験などではわざわざ英語のテストをしなくても級が採否の判断材料になります。そこで、勉強して一つでも上の級を取っておこうとがんばるわけです。
 
とはいえ、どの級を受けるかは今の実力を踏まえて冷静に判断しましょう。
英検は下から5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級と7つの級がありますが、級と級のレベル差は上に行くほど開いていく印象です。
ちょっと乱暴な言い方ですが、普通に勉強していれば3級までなら誰でも取れます。
準2級から上は、海外での生活経験などがなく日本でいわゆる「勉強」をして手に入れるなら、かなり本気で取り組む必要がありそうです。
 
さて、英検を受けると決めたら、いつまでに目標の級を取るのかを決めましょう。
もちろん、次の試験で1発合格を狙うのもいいです。
また、今の実力によっては半年、あるいは1年、あるいはそれ以上の時間をかけて準備が必要な場合もあるでしょう。 
ここで言っておきますが、そのうち取れればいいや・・と思っているうちは取れないと思っておいた方がいいです。
 
ということで、本気で英検を目指すならなぜその級を取りたいのか、いつまでに取るのかを決めて、そこを目指して計画を立てて勉強しましょう。自分に期限を課して追い込んで合格を勝ち取ってください。
英検合格へのアドバイス①
合格する人がしている2つのこと は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。