主婦日記

7月に入ったので、そろそろ
来年のバレットジャーナルを
作り始める

 

こんにちは。ななせです。
 
3年ぐらい前からバレットジャーナルという手帳術を使っています。
 
バレットジャーナルは、好きなノートとペンで作る自分だけの、世界に1冊しかない手帳。
 
「バレットジャーナル」という商品が売られているのではありません。
 
中身は日記帳、スケジュール帳、To Do リストに加え、自分が日ごろ取り組んでいることの記録や掲げている目標など、ここにあれば便利だなと思うページを自由に入れられます。

 
この手帳術に出会う前は、市販の手帳でスケジュール管理していました。
でも、市販のスケジュール帳って、どれも一長一短あって完璧ってのがない。
 
デザインは気にいってるのに紙の質が気にいらなかったり、絶対使わなそうな無駄なページがたくさんあったり、逆に欲しいページが入ってなかったり・・・。
 
で、一番好みに近いもので折り合いをつけるのですが、その1冊に決めるまで毎年とても時間がかかってしまうのでした。
 
ですが、バレットジャーナルにしてからはそんなストレスはなくなりました。
それに、以前よりしっかりと自分に向き合うようになったので、やりたいことが実現しやすくなったように思います。
 
 

ノートとペンで1から作る

 
ちょっと恥ずかしいですが、これは私が今年使っているもの。
 
フツーのノートに色紙やラベルを貼ったりして表紙をカスタマイズ。
センスのいい人はもっと凝った素晴らしい表紙を作るんでしょうけど、私はこれが限界(汗)
ま、自分が良けりゃいいんですよ・・
 
盛り込みたい内容から必要なページ数を割りだして、私は40枚つづりのノートをチョイスしてます。
 
 

バレットジャーナルのお約束

自分で1から作る手帳バレットジャーナルは、自分が欲しいページを自分が一番使いやすいフォーマットで自由に作ります。
自由度は高いですが、次の2点だけは決まりごとのようです。
 
1.最初のページは目次にする
2.ページ番号をふる
 
このふたつを実行するとノートが1冊の本のようになり、私はとても愛おしくなるのです。
 
 
自分だけの独自ルールもありますよ。
 
・ネガティブなことは書かない
 
自分一人で管理するバレットジャーナルですが、別に隠してるわけじゃないしアナログなので誰かが見る可能性があります。
いつ誰が見てもいいように日記にはネガティブなことは書かないようにしています。
 
 

前年の夏から作り始めるわけ

そろそろ来年のバレットジャーナルを作りにかかろうと思ってます。
 
  もう?
 
  そう、もう。
 
私のジャーナルの中身はざっとこんな感じ。
 
  • 月別の To Do リスト(来年への申し送りも兼ねる)
  • 月間スケジュール
  • 一言日記
  • かなえたい目標や夢リスト(毎日眺めて気合い入れ!)
  • 欲しいものリスト(夢がかなったら自分にご褒美とか・・)
  • 購入したものリスト(支払い方法などの覚書も兼ね)
  • いただきものリスト
  • 贈ったものリスト
  • 向こう10年のざっくり予定(遠い先のことでも決まってることは書いとくと安心)
 
こんなことを1冊のノートに書きこめるように定規で線をひいてページを作っていきます。
 
スタンプやマステでデコったりもしますよ。
 
でもこの作業、嫌いじゃないけどとても根気がいります。
単純作業が続くと飽きてきます。
なので、1日の作業時間は10分くらい(笑)。
毎日少しずつでもやってれば秋ごろか、どんなに遅くても年末までには完成するでしょ。
 
秋になるとそろそろ次の年の予定が入り始めます。
市販の手帳が発売開始される秋に合わせて、私のバレットも完成したいと思います。
 
 バレットジャーナル関連の本を2冊紹介します。
興味がある方は参考にしてくださいね。

バレットジャーナル 人生を変えるノート術

 

 
 
 
 
7月に入ったので、そろそろ
来年のバレットジャーナルを
作り始める は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。