英語学習

英語は文法から入る?
それとも会話から?
話せるようになるためのアプローチ

 

こんにちは、ななせです。
 
とにかく英語が話せるようになりたい!
そう思ったらまず何からやりますか?
 
英語習得にはいろんなアプローチの仕方があります。
 
現在のレベルや習得の目的、生活環境、性格、好み・・・など人それぞれ状況が異なるので、一概に「これがベストな習得方法よっ!!」というものはありません。
 

文法より会話?

「英語って、文法より会話から入る方が近道なんでしょ?」
と聞かれることがあります。
 
大人になって英語を1からやり直して、今度こそ話せるようになりたいと思っている方に聞かれます。
 
これは半分正解。
 
でも半分誤解。
 

文法だけやっててもしゃべれない

確かに、文法だけをゴリゴリやっても、しゃべれるようにはなりません。これは本当です。
 
スポーツのルールを知っていても、実際に練習したことがなければできないのと同じです。
 
だから文法で頭でっかちになるよりも、話すことを重視しよう、というのはある意味で正解です。
 
 

会話だけのアプローチだと・・

では、文法を素通りして、会話の練習だけをするとどうなるでしょうか。
 
それは、模擬会話などの文をひたすら丸暗記することになります。
 
暗記して言えるようになると、一応それっぽく聞こえるし、ネイティブが反応してくれたりするので、しゃべれるようになった気がするかもしれません。
 
でも、言えるのは練習した文だけです。
 
それ以外の話題になると手も足も出なくなってしまいます。
 
応用が効かないんです。
 
いろんなシチュエーションを想定して、できるだけ多くの文をがんばって丸暗記したとしても、それだけではとても日常英会話が不自由なくできるレベルにはなりません。
 

文法が役に立つ

文法の知識があると、例文として覚えた文をもとに、単語を入れ替えたり時制を変えたりしていろんな文に応用させることができます。
 
つまり、覚える例文の数は限定的でも、文法知識があればいろんなことに応用させて言えるようになるんです。
 
 

現地で生活するなら・・

ただし、英語圏に住んで、現地の学校や職場に入って日本人は自分だけ、という環境に身を置いているなら話は別です。
 
そのような環境では、文法云々よりも、とにかくコミュニケーションをとることが先決。
 
特に、緊急の用事なら文法のことなど構わずに、顔の表情やジェスチャーなども使って何としてでも相手に伝える必要があります。
 
片言で話すあなたに現地の人は、「なに、どうした」とあれこれ言ってくるでしょう。
そのときがチャンス。
こういうときはああ言えばいいんだなと。学べます。
 
こういうケースなら、文法より会話から入ることになります。
 
必死に伝えようとしてもうまく伝わらなくて大変な誤解をされたり、大恥をかいたり、信用をなくしたり・・
 
そんなことを繰り返しながら少しずつ英語を習得していきます。
 
この場合、文法は後からついてきますが、それはそれで大変な苦労をくぐり抜けてこそであることがお分かりいただけると思います。
 
あとになれば笑い話でも、そのときは必死なはずです。
 
 

まとめると・・

日本で普通に生活している場合、
英語を話せるようになるアプローチは、会話だけでも文法だけでもだめなのです。
 
文法知識を入れながら例文を覚えて、単語の知識もつけて・・・
つまりバランスよく学んでいくことが結局一番いいのです。
 
それには覚悟が要ります。
ある程度の時間もかかります。
 
ただなんとなく、しゃべれたらいいな、とか
楽して自然にしゃべれるようになりたい、とか
そんなことを考えているうちは無理でしょう。
厳しいこと言いますけど。
 
ですが、本当に英語を習得したいという強い意志があれば、計画を立ててがんばれるはずです。
そのための努力ならそれほど苦労とは感じないのではないでしょうか。
 
何事も努力が必要です。
 
では。
 

スモールワールド・オンライン英会話

 
 

英語は文法から入る?
それとも会話から?
話せるようになるためのアプローチ は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。