中学生の英語学習

英語の苦手克服は
中1英語のやり直しから。
基礎中の基礎を押さえずに
英語を理解するのは不可能です。

こんにちは。

小中学生向けオンライン英語講師のななせです。

今回は、「英語がすっかり苦手になってしまい、克服したいけど何から手をつけたらいいのかわからない」と思っている中2・中3の生徒さんと保護者の方に向けて書いていきます。

スモールワールド・オンライン英会話
日本人+ネイティブが担当するオンライン英会話スクール。英語初心者に特に人気です。

まずは中1英語を理解しきる

結論から言うと、タイトルにもあるとおり、中1の学習内容を徹底的にやり直すことです。

あなたが今何年生であっても、中1をやる。

中1のころは英語はできてたから大丈夫、と思っていてもまずはやる。

中1レベルの問題集を用意して、1年分の内容をひととおり解いてみてください。

口で答えを言うのでなく、きちんとノートに書いてから答え合わせをします。

 

その結果、全問正解なら中2レベルにすすんでOKです。

 

スペルをまちがえた、冠詞の a をつけ忘れた、  a が要らないところなのにつけてしまった、3単現の s を間違えた・・・

など、小さなミスがいくつかあったなら要注意。

それらは小さなミスではなく、理解不足によるミスなので、しっかりと学びなおす必要があります。

 

参考書などで徹底的に文法を確認し、別の問題集をもう一度やることで知識を定着させましょう。

 

このようにして中1の内容をすべて理解できたら中2に進みます。

中1を克服していれば中2の内容はわりと理解しやすいと思います。

 

短期間に集中してやる

苦手克服は、勢いが大切です。

学校の授業に早く追いつくためにも、できるだけ短期間で集中してやりましょう。

短期間とはいえ、1日2日で終わるものではないので、夏休みや冬休みなどを利用するのがいいです。

でも、長い休みが終わったばかりだと次の休みまで待っていられませんね。

それなら毎日少しでも時間を見つけて取り組みます。

だらだらやらないで、目的意識をもって着実に。

ゲームやその他の遊びをちょっと我慢して苦手克服に取り組む時間を取りましょう。

 

オンライン講座受講もいい

1人で取り組むことに不安があれば、少しお金はかかりますがオンライン講座を受講するのも手です。

中学英語を得意とする日本人講師で、相性のいい人を見つけてみましょう。

マンツーマンのレッスンなら他の生徒を気にすることなく、あなたのレベルに合わせてあなただけのレッスンが可能です。

苦手ポイントを見つけて、わかるまで徹底的にレッスンするので、苦手がどんどんなくなっていき、気がつけば学校の授業より先をやっているなんてことだってあり得ます。そうなればもはや英語は得意教科ですね。

スモールワールド・オンライン英会話

本人の覚悟と努力が何より大切

ひとりでやるのが大変ならオンライン講座で講師につくことをお勧めしましたが、そうはいっても、最も大切なのは本人がどれだけ覚悟をもって努力するかです。

オンライン講座を受けるだけでは効果はありません。

レッスン後に習ったことを復習し、覚えるべきところを覚えて、使いこなせるようになって初めて効果がでます。

講師は毎回、前のレッスンで教えたことを覚えているかチェックします。

覚えていれば次に進みますが、そうでなければ覚えるまで次に進みません。

なので、レッスンを受けっぱなしでそのあときちんと復習しない人にはオンラインは向きません。

 

英語学習はスポーツや楽器の習得と似ている

どんなスポーツも、ルールを覚えるだけで練習をしなければできるようになりません。

楽器も、楽譜だけ読めても練習をしなければ上手に弾けるようにはなりません。

英語も同じです。

文法がわかって単語も覚えても、実際に何度も英文を声に出して読んだり、自分の力で英文を作ったりしないと英語は使いこなせるようにはなりません。

なので、英語の苦手を克服して得意教科にしたいなら、人に教えてもらうだけでなく、本人が相当な覚悟をもって努力することが不可欠です。

 

オンライン講師はそのような生徒さんを応援します。

日本語で聞ける安心感★スモールワールド英会話

お読みいただきありがとうございました。

小中学生のお子様へのレッスンをご希望の方は、右欄の「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です