英語学習

英語が
「わかる」のと「話せる」のは別。
話すトレーニングも
意識してやってみよう。

 

こんにちは。ななせです。
 
英語の4技能「読む」「聴く」「話す」「書く」の中で、特に得意なものや不得意なものはありますか?
 
ぶっちゃけ、「話す」と「聴く」ができれば外国に行ってもあまり困ることはないんですが、日本の学校では4技能をバランスよく習得することを求めています。
 
でも、「読む」「書く」は努力次第で力がついていくのに、「話す」「聴く」については手こずりませんか?
 
一人でも習得できる「読む」「書く」に対して、「話す」「聴く」は相手がいないとなかなか難しい側面があります。
 
だからといって、後回しにしているといつまでたっても力がつきませんね。
 
今回は「聴く」「話す」トレーニングをいくつかご紹介します。
 
 

ネイティブのトークを聴きまくる

まずは「聴く」から。
 
いつでも話し相手になってくれるネイティブがいるという、超ラッキーな人以外は、ラジオ、テレビ、教材付属のCDなどから自分に合ったものを選んで毎日聴くことを習慣にしましょう。
 
レベルは、「よーく耳を澄ませば聞き取れるもの」を選びます。
 
何回聴いても語句が聞き取れない、スクリプトを見てもそのとおりに聞こえないというものはレベルが高すぎるということ。
 
気持ち易しめくらいがちょうどいいレベルです。
 
自分が覚えている発音と、ネイティブの発音が違っているところは要チェック。
 
そこは意識して真似して、自分の発音をそっちに近づけていく努力をしましょう。
 
照れ臭いですが、それをすることで聴く力がついていきます。
 
変な話ですが、あなたの発音に合わせてその通りにしゃべってくれるネイティブはまずいません。
 
あなたがネイティブに合わせることが必要なんです。
 
もちろん、ネイティブのような素晴らしい発音ができなきゃとダメ、とは言ってません。
 
でも、だからといって、最初からできないと開き直るのはちがうと思うんです。
 
できるだけネイティブの真似をして、近づける努力をすることであなたの英語は今より美しいものになっていきますし、聞き取る力も格段に上がります。
 
自分が発音できないものは聞き取ることもできないです。
 
 

シャドーイング

聞き取れるようになったらシャドーイングしましょう。
 
英語の音声が聞こえてきたら、すぐに自分でも同じことを言っていきます。
 
ネイティブのスピードが速いと難しいですが、がんばりましょう。
 
始めはついていけずに途中で脱落するかもしれませんが、大丈夫。
 
スポーツか楽器の練習のつもりで何度も繰り返しやりましょう。
 
初めて脱落せずに最後まで言い切れるとスカッとしますよ^^
 
聴くことに集中しながら口を動かすことで、口周りの筋肉が鍛えられ、スピーキングのトレーニングにもつながります。
 
 

自分の意見や感想を言ってみる

始めはほんの一言でかまいません。
 
難しいことを言おうとせず、確実に言えることだけを1文言います。
 
また、聴きまくった英文を、自分が言っているかのようになりきって言ってみるのもいいですね。
 
共感できる文をピックアップして表情や身振りもつけて自分のことばとして気持ちを込めて言ってみましょう。
 
多聴やシャドーイングで語句の言い回しが自分の中に充分ストックされてくると、それらを使って自分の言葉として使えるようになっていきます。
 
スピーキングが難しいのは、ストックが少ないから。
 
多聴、シャドーイングでどんどんストックを増やしましょう。
 
 
多聴、シャドーイングがたくさんできる通信講座はこちら。
ご自分に合ったレベルを見つけてください。
 

1000時間ヒアリングマラソン

 
 
 

ヒアリングマラソン中級コース

 
レベルは他にもあります。
詳しくはアルクのサイトへ!!
通訳者川合亮平さんの本もご紹介。
本気の英語学習法。
ストイックだけど、楽しい!!

41歳の通訳者が15年ぶりに本気で取り組んだ英語学習法  君は心躍る英語に触れているか! GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英語が
「わかる」のと「話せる」のは別。
話すトレーニングも
意識してやってみよう。 は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。