英語学習

脱カタカナ英語。
抑えるべき発音のポイント

 

こんにちは。ななせです。
 
オンライン講師として英語を教えています。
 
発音に特化したレッスン以外でも、要所要所でワンポイントアドバイス的に発音のコツを教えることがあります。
 

子音+子音の組み合わせ

日本語にない L, R, TH の音は多くの人が練習するところですが、ほかに CL, FL, SL, TR, CR, BR など、子音のあとにLやRなどの子音が続く場合も生徒さんによっては苦労するようです。
 
たとえば、CLOUDという単語。
 
このCはKと同じ発音ですが、すぐうしろにLがあるので、CとLの間に余計な音を入れてはいけません。
 
C-LOUD であって、Cu-LOUD ではないんです。
 
普段慣れ親しんでいる日本語の音に影響されて、Cの発音がCuになってしまいがちな生徒さん、結構います。
 
これを直すためのアドバイスとして、「Cは『ク』じゃなくて、ひそひそとささやくように言って、LOUDで初めて声を出すんだよ。」と言っています。
 
FLOWERも同様。
 
Fは口をすぼめる「ふ」ではなくて、上の前歯を下唇に軽く当てながら息を吐きます。
 
もちろん、このときも「Fu」ではなくあくまでも「F」。声(母音)は出しません。
 
Fu-LOWER ではなくてF-LOWER。
 
SLIDE もSu-LIDE ではなくてS-LIDE。
 
TRAIN, CRACKER, BROWN などRが続く場合も同様で、最初の子音のあとに音を出さないようにして、口の形と息を吐くことで発音します
 
子音をささやくように発音したあと瞬時にLやRの口を作るのは忙しいですが、練習すればできるようになります。
 
早口言葉の習得と似ています。
 
始めはゆっくり、確実に言えるように練習しましょう。
 
 

脱カタカナ英語

発音がどうしてもカタカナ英語になってしまうのは、このように子音と子音の間に音が入ってしまうことが大きな原因になっています。
 
日本語はほとんどの音が子音+母音の組み合わせなので、子音だけを発音するにも無意識に母音がついてきてしまうんですね。
 
Kは「か(ka)」でも「く(ku)」でもなく、K。
 
声を出さない K です。
 
日本語にない音を発するのは照れ臭いものですよね。特に人前では。
 
でも、カタカナ英語から脱却すれば、ぐっと洗練され、聞き取りやすい英語になります。
 
つまり、通じやすくなるんです。
 
言ってることは合ってるのにいまいち通じない、と思ったら「子音+子音」の発音を見直してみるのもいいかもしれませんね!
 
ではまた!

スモールワールド・オンライン英会話

  
脱カタカナ英語。
抑えるべき発音のポイント は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。