中学生の英語学習

学校英語か英会話か。
中学生のオンラインレッスン。

 

こんにちは。ななせです。
 
私はオンラインで英語講師として、主に小中学生を教えています。
 
生徒さんの目的に沿ったレッスンをするために、新しい生徒さんには、まずオンラインで何を学びたいのかを確認しますが、私のところに来るほとんどの生徒さんは「学校英語」を希望し、私自身も中学の生徒さんにはそれをまずはお勧めしています。

 

 

 

中学生におすすめなのは学校英語

学校英語とは、学校で教えている英語であり、確実に理解できるようオンラインで補習して得意教科にしていきます。
 
授業の進度に合わせてレッスンをして、定期テスト対策高校受験対策英検対策も希望があればやっていきます。
 
また、すっかり苦手教科になってしまっている生徒さんには、少し前にさかのぼってもう一度やっていくことで苦手をなくしていきます。
 
さらに、よく理解できている生徒さんには学校ではまだ習っていないところを先取り学習していきます。
 
このように、生徒さんのレベルに合わせて学校英語をやっていくことは、高校受験にも役立ちますし、もっと先の将来の英会話の土台作りにもなるので、とてもおすすめです。
 
 

英会話レッスン希望者には

その一方で、「英会話」を希望する生徒さんも少なからずいます。
 
学校英語は自分で勉強しているから、オンラインでは会話を習って、しゃべれるようになりたい、という生徒さんです。
 
こういった生徒さんには、会話のテキスト(洋書)を購入してもらい、会話を中心にレッスンしていきます。
 
 

会話のレベルは高くはない

一般的に、会話のレッスンの場合、文法の説明は最小限に抑えて、どんどん発話を促すようなレッスンをします。
 
「文法の説明は最小限に」と言いましたが、それには「その文法を理解している」という前提があります。
 
つまり、まったく知らない文法を使って会話をすることはできないのです。
 
知らない文法を使った文は、丸暗記することは可能でも、使いこなすことはできません。
 
中学生の場合、知っている文法がまだ少ないため、会話のレッスンはその少ない範囲の中ですることになります。
 
もちろん、少ない範囲といっても、会話する内容が限られているということはありません。
 
中学1年生でも、習った文法だけを使っていろんな単語を組み合わせることで、いろんな文が作れますし、それらを使って会話練習することで、学校で習う英語をあまり考えこむことなくさらっと言えるように瞬発力を高めていくのは意義のあることです。
 
ただ、習った範囲の文法しか使わないため、見出しにも書いたように文法レベルは決して高くはありません。
 
「会話」ということで、学校では習わないような高度なことが言えるようになるわけではないことをご理解の上受講していただきたいです。
 
 

会話のレッスンで文法の説明をするときは・・

会話レッスンでは文法の説明は最小限にするといいましたが、例外はあります。
 
学校で習ったはずの文法があまり理解できてないと、それ以上会話のレッスンを進めていくのに無理が生じてくる場合があります。
 
そうなると、文法の説明をして、まずは理解してもらいます。
 
 

結局、どっちがいいの?

学校の英語だけやっていてもしゃべれるようにはならないことは、なんとなくわかると思います。
 
せっかく英語を勉強しているのだから、早くしゃべれるようになりたい!
 
その気持ちはわかります。
 
私の個人的な意見ではありますが、
 
中学生のオンラインレッスンは、学校英語をまずはしっかりやって得意教科にすること。
 
そのうえで、まだやれる余力があれば英会話にチャレンジする。
 
 
このように考えています。
 
お読みいただきありがとうございます。
 

スモールワールド・オンライン英会話

 

【スモールワールド・オンライン英会話】

 
 
 

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。