中学生の英語学習

初めて受ける英語の定期テストは
教科書の本文を完コピで対策!

こんにちは。ななせです。
 
5月下旬のこの時期、多くの中学校がテスト週間に入っていると思います。
 
テスト週間に入ると、テストの日程と範囲が書かれた表が配られ、部活が休みになり、先生たちはこぞって「勉強しろよ~~」って雰囲気になります。
 
特に1年生にとっては初めての定期テスト。

入学してから今まで習ったことのすべてが範囲になる大きなテストに戸惑う生徒がいてもおかしくありません。

 

今回は、初めて定期テストを受ける中1生の英語対策法を書きます。
 
 

英語は教科書をまず押さえる

英語の勉強でまず思いつくのは問題集かと思いますが、その前にまず教科書を徹底的に復習することをお勧めします。
 
本当は日ごろから教科書をやっておくとテスト前に慌てなくていいのですが、日ごろあまりやってなくてテスト週間に入ってから勉強を始めるなら、教科書本文の丸暗記がおすすめ。
 
音読を繰り返してすらすら読めるようになる
日本語訳を見て英語で言ってみる
日本語訳を見て英語で書く(教科書と同じ文が書けているか確認)
 
日本語訳なんてもってないよ・・・って人。
自分で作りましょう。
 
あるいはオンラインで英語を習っているなら、レッスン中に講師に日本語を言ってもらって、自分が英語を「言う」か「書く」というトレーニングができます。
 
もちろん、本当は文法もしっかり取り組む方がいいですけど、テスト週間から勉強するならそこまで時間が取れないですよね。
てっとり早く点を取るならとにかく教科書本文を正確に書けるようになろうという話です。
 
 

読めるけど書けないなら・・

音読はできる。
けど、いざ書いてみるとあちこちミスをして書けない。
という場合、ミスの多くは単語のスペルを覚えていないことによるものだと思います。
 
できるだけミスを減らせるように、単語だけをノートにたくさん書いて練習しましょう。
 
国語で漢字練習、しましたよね。漢字練習帳にびっしり書いて先生に大きな花丸もらいましたよね?
あれと同じように、英単語も専用のノートを用意して、覚えにくい単語は繰り返し書いて覚えます。
 
 

やっつけ仕事はダメよ

とはいえ、書きゃぁいいんでしょ、とばかりにただガーガー書くのはNG。
1単語書くごとに小さい声でいいので発音しながらていねいに書いていきます
 
体に覚え込ませる感じです。
自分が書いた単語を「画」として視覚的にも記憶に残す感じです。
発音しながら書くのは耳からも記憶に残すためです。
 
正しく書けているかも常に確認しましょう。
まちがったまま気づかずにどんどん書いていくとそれを覚えてしまいますからね。
 
 

英語は普段からやっておくべき教科

ほかの教科のテスト勉強もあるので、テスト週間にできることは限られています。
英語の対策としてできることは上に書いたことくらいだと思います。
 
でも、これは本当に付け焼刃。
本当は普段から上に書いたことはやっておくのがベター
そうすればテスト週間には問題集で応用的な問題に挑戦したり、さらに発展的なことができ、高得点が狙えます。
 
学校の授業でやるのは主に文法と簡単な使い方だけです。
なので、習ったことを理解して定着させ、使いこなせるようになるには、それなりのトレーニングが必要で、テストで高得点をとる生徒はそのトレーニングをしています。
英語が苦手になるのは、授業だけ受けて理解したような気になり、十分なトレーニングをしないからです
 
1人ではなかなかトレーニングが続かないならオンラインで英語を学ぶのもいいですよ。
 
 ではまた。
 
 
 
 
 
 
 
 
初めて受ける英語の定期テストは
教科書の本文を完コピで対策! は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。