やり直し英語

不定冠詞 a/anの使い分けと
発音のしかた


こんにちは。ななせです。

 
英語の不定冠詞( a / an )って、日本語にはないものなので、扱い方がちょっと厄介です。

 

数えられる名詞には何かいる

数えられる名詞( pen, book, dog, restaurant, teacher …など)を使って英文を作る場合、その名詞が1つなのか複数なのかをはっきりさせないと気が済まないのが英語です。
 
1つのときは、名詞の前に a/an をつけ、複数のときは名詞を複数形にします。
 
ただし、「誰々の」が名詞の前にくるときは a/an は使いません。
 
× He is a my friend.   
こんな文をときどき見かけますが、これはまちがい。
 
正解は  He is my friend.    または
          He is a friend of mine. 
 
 
いくつか例文を。
1.I have a dog.     私は犬を飼っています。
2.I have two cats.   私は猫を2匹飼っています。
3.I have some pets.   私はペットを何匹か飼っています。
4.I like his dog.     私は彼の犬が好きです。
5.I like dogs.       私は犬が好きです。
 
日本語だと、「犬を飼っている」という文からは、1匹なのか多頭飼いなのかはわからないし、話す方も聞く方もそこは特に気にしません。
 
が、英語はそこが厳然としています。
 
なので、
× I have dog.   はまちがい。
 
また、上の例文の5は、「特定の犬ではなくて、犬というものすべてが好き」と考えて、dogs です。
 
なので、「数えられる名詞には、a/an、「誰々の」、複数形の s のどれかをつける」ことを徹底しましょう。
 
 
 

母音の前には an

 an apple, an orange, an elephant, an old man など、あとに母音が続くときは a の代わりに an を使います。
 
これは文法ルールというより、その方が言い易いからそうなったんだと私は思っています。
 
英語は、母音が並ぶのを嫌います。言いにくいから。
 
母音が並びそうになると、「言いにくいから間に n でも入れちゃえ!」ってなノリで誰かがやりだしたんじゃないでしょうかね・・・
 
 

an の言い方

an apple は、「あん あっぷる」ではありません。
 
an の n と、次の a をつなげて「な」にします。
なので、「あなっpl」と発音します。
 
pl は、「ぷる」でも「ぽー」でもなく、pl。
「ぽー」と聞こえますが、口の中ではしっかり l の口を作ります。
 
同様に、
an orange は「あのーれんじ」
an elephant は「あねれふぁんt」
an old man は「あのーld まあん」  となります。
 
an old man は、old がなければ a man ですが、old が入っているために an になっています。
このように、形容詞などが間に入ってくる場合にも、母音なら an を使います。
言いにくいからね。
 
 
今日もお読みいただきありがとうございました。
 

スモールワールド・オンライン英会話

ネイティブ×日本人講師=スモールワールド・オンライン英会話

不定冠詞 a/anの使い分けと
発音のしかた は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。