子どもの英語学習

ネイティブ講師の英語レッスンを
毎日受ければバイリンガルに
なれるのか?

 
こんにちは。ななせです。
 
以前、あるお母さんからこんな相談を受けたことがあります。 
子どもに3歳からほぼ毎日オンラインでネイティブ講師のレッスンを受けさせているのですが、いつまでたっても片言しかしゃべれません。どうしたらいいですか。
お子さんはそのとき小学校低学年。
オンラインの他にも英語教室に通ったり英語のテレビ番組を視聴したりと、お母さんが考える限りのあらゆる努力をしていました。
そのおかげでお子さんは年齢のわりに単語はいろいろ知っている様子で、片言でも自分なりに組み合わせて何とか言いたいことはわかってもらえているとのことでした。
 
ここまで聞いたとき、私はこの年齢でそこまでになっているのは素晴らしいと思い、お母さんの並々ならぬ努力を心から称賛しました。
 
ですが、お母さんは浮かないお顔。
全く納得されていませんでした。
 
そこで、今受けているレッスンについて伺い、気づいたことを少しアドバイスをさせていただきました。
 
お母さんは納得されて、さっそく翌日、お子さんの講師に要望を伝え、わかってもらえたと喜んでいました。
 
ですが、さらにお話をしていくとこんな質問をされました。 

どのくらいやればバイリンガルになりますか?

このお母さんの目標は「子どもをバイリンガルにすること」だったのです。「毎日ネイティブと接していればいずれはバイリンガルになる」との一心で毎日レッスンを受けさせてたようです。
 
お母さんの熱意には頭が下がりますが、そのやり方でバイリンガルになるのは難しいと思う、と正直に申し上げました。 
 

バイリンガルの帰国子女も相当な苦労を経験している

 外国で数年間生活しながら現地の学校に通った経験を持つ、いわゆる「帰国子女」と言われる子どもたちは、流暢に英語を話します。
現地で毎日英語漬けになっていたため、母国語を覚えるのと同じように自然な英語が身についているのです。
 
それでは毎日ネイティブとオンラインで接することで英語漬けになれば、日本にいながらにして帰国子女レベルの英語が身につくかというと、それは違います。
 
考えてみてください。
親の仕事などで家族で外国に引っ越し、現地の学校にいきなり転入するんですよ。
始めは英語などちんぶんかんぷん。
親切に世話を焼いてくれているはずの担任の先生だって現地の人です。何を言ってるのかさっぱりわかりません。
 
ですが、分からないからといって隅っこで突っ立ってばかりもいられないのが子どもの世界。
わからないなりにも、どうにかして自分からクラスに馴染んでいく努力をしていかないと、本当の意味では受け入れてもらえないものです。
日本の学校でも「転校生」ってそんなものではないでしょうか。
 
そこで、言葉のわからない転校生は、相手の表情や身振りなどを読み取って必死に理解しようと努力しますし、自分も何か緊急の用事(トイレに行きたいとか)があれば何としても伝えなければと必死です。それはもう、サバイバル。
 
日本の学校と同じように、外国の学校にも子どもたちの間には暗黙のルールなどがあるわけで、クラスに馴染むためには言葉がわからなくても子どもなりにそういったことを覚えていかなければなりません。
それは英語がわかる・わからないとは別の問題ですが、英語がわからないばかりに誤解されたり失敗したり、悔しい思いや恥ずかしい思いをすることも多々あるのです。
 
朝登校してから家に帰るまで、だいたい6時間くらいでしょうか、しばらくは毎日これが続きます。
 
そして、失敗するたびに「英語がわからないのは嫌だ」との思いから必死に英語を覚えていきます。
 
実はこれ、はるか昔の私の経験です(とおいめ・・・)。
 
もちろん、これを特に苦労とは感じないで身につけていく子どももいますよ。実際私も、人にアドバイスをする立場になってから「そういえばあれはなかなか大変だったなぁ」と思い返しますが、当時は悩む時間もないくらいに必死でしたし、帰国後は喉元過ぎればなんちゃらで苦労したことなどきれいに忘れてました。
 
とまあ、帰国子女の英語は、おおむねこのような体験を経て出来上がるわけで、本人が意識するしないにかかわらず、そこには壮絶といってもいいくらいの苦労と努力があるのです。
 
帰国子女が英語が上手なのは、その苦労へのご褒美だと私は思っています。
  

オンラインレッスンの役割

オンラインレッスンを毎日受講して英語漬けになる・・・
確かにこれもひとつの学習方法ではあります。
 
ですが、レッスンはレッスンであり、「現地で生活する」こととはちがいます。
 
レッスンでは、限られた時間で最大限の効果を引き出そうと、講師は毎回プランを立てます。なので、レッスンには現地でもまれる厳しさはありません。
ですが、講師はプランに沿ってレッスンすることで生徒さんを効果的にレベルアップしていこうとしています。
そして生徒さんはレッスン後にしっかり復習をすることで習ったことが定着していきます。
 
このため、自分で復習ができるならレッスンは毎日でなくていいのです。
上手にレッスンを受ければ、30分ほどのレッスンでも非常に内容の濃い時間になりえますし、このようなレッスンを積み重ねていくことで着実に英語力がついていきます。
 
このように、日本で生活しながら英語を身につけるなら、やみくもにたくさんレッスンを受けるよりレッスンの特性を活かして上手に利用していただくことをお勧めします。
 
今日も読んでいただきありがとうございます。
 
ではまた。
  
 
 
ネイティブ講師の英語レッスンを
毎日受ければバイリンガルに
なれるのか? は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。