主婦日記

トコトコきっぷで
箱根強羅公園に行ってきたよ

2020年4月1日追記
この記事は2019年6月に書いたものですが、その後台風19号の被害により、箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間は現在運休中です。
復旧は2020年夏ごろとのことです。ご理解のうえ、お読みください。

 

こんにちは。

仕事お休みだったんで、前から行きたかった箱根強羅公園に行ってきました。

箱根強羅公園

 箱根登山電車の終着駅、強羅に大正3年(1914年)に開園された、日本初のフランス式整型庭園です。フランス式整型庭園とは、平坦で広大な敷地に左右対称に幾何学的に池などを配置した特徴がありますが、強羅公園は傾斜面に作られています。

広い空と山々に囲まれた開放的な園内には、様々な花が植えられており、花の名所でもあります。 
また、熱帯植物館や茶室、体験工房などの施設もあり、いろいろな体験を一度にできるのが魅力です。
箱根強羅公園公式サイトより引用

箱根登山鉄道株式会社が運営しています。

 

ローズガーデン

公園内のローズガーデンは、5月中旬から6月中旬ごろまでが見ごろということで、これが見たくて行ってきました。

ちょうど見ごろを迎えたバラが、色とりどりに咲き乱れていました。
バラとかガーデニングとか全然詳しくない私ですが、その美しさに魅了されました。
約140種、1000株のバラが、ベンチやアーチなどと共に傾斜を利用した園内に所狭しと植えられていてとにかくおしゃれ!

来てよかったぁぁぁ

 

あじさい展

イベントスペースでは、あじさい展が6月末までの期間限定で開催中でした。
これもお目当てだったんです。
ただ、ローズガーデンのバラのように地植えされたあじさいを期待していたのですが、鉢植えの展示でした。
とはいえ、バラに負けず劣らず数多くの品種で色も様々なあじさいが美しく展示されていて、見ごたえは充分。
もちろん、ちょうど今が見ごろの、一番美しい状態。
一部展示即売もしていたようです。
こんなフォトスポットも。↓
今回のあじさいはイベントでしたが、強羅公園には地植えのあじさいもあり、7月が見ごろとのこと。

私が行った日(6月19日)はまだ咲いていなかったのでしょう、どこに植わってるのか気がつきませんでした。

 

一色堂茶廊

お昼はここで。
園内にあるサンドイッチのお店。

自然光と高い天井で開放感があります。

 

熱帯植物館

ブーゲンビレアやハイビスカスなどの熱帯植物を集めた大きな温室。
中が迷路のようになっていて、ぐるぐる歩きながら見るので見ごたえあります。

バナナの木がありました。

 

噴水池

公園の中央にある大きな噴水が、公園のシンボル。
周囲にはやはり色とりどりの花が。
ベンチでのーんびりするのも気持ちよさそう。

天気が今一つなのがちょっと残念。

 

クラフトハウス

吹きガラス、陶芸、ポタリ―ペインティングなど各種のクラフトが体験できます。
クラフト好きな方ならステキな思い出になりますね。

 

画像: 強羅公園リーフレットを筆者撮影

オススメは西門から!

強羅公園は傾斜地に作られていて、傾斜の下側が正門で、反対側(つまり傾斜の上側)に西門があります。
正門から入るのが正統な入り方なのでしょうけど、これだと園内の階段をどんどん上がっていくことになり、疲れます。
そこで、裏門にあたる西門から入って、下に移動しながらの散策がお勧め。
とはいえ、美しさに見とれて階段を踏み外さないように気をつけましょうね。

最寄り駅は、ケーブルカーの西門が「公園上」、正門が「公園下」です。

 

トコトコきっぷ

ところで、小田原から強羅公園に日帰りで行くなら箱根登山鉄道のトコトコきっぷがおすすめ。
小田原~強羅、強羅~早雲山までの区間が購入当日限り乗り降り自由なお得な切符です。
1,540円で購入できて、しかもこれを持っていると強羅公園の入園料 550円が無料に!
ちなみに普通に買うと、小田原~公園上まで片道840円(往復1,680円)です。

トコトコきっぷ、お得でしょ。

追記:トコトコ切符及び強羅公園の入園料は、2019年6月現在の料金です。詳しくは公式ページ等でご確認ください。

 

箱根登山鉄道のあじさい

箱根湯本から強羅まで箱根登山鉄道で約1時間ですが、今の季節、乗ってる間中あじさいが楽しめました!
箱根の山あいに咲くあじさいは一見の価値ありです。

うん、来てよかった。

 

秋の紅葉も見てみたい

今回はバラとあじさいを見に行きましたが、秋の紅葉も美しそう。
そのころにはまた行ってみたいです。
では。
トコトコきっぷで
箱根強羅公園に行ってきたよ は
コメントを受け付けていません

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。