主婦日記

大人気ドラマ「フレンズ」で
生の英語を吸収する

 

 画像はイメージです。                                      

 

こんにちは。ななせです。
 
ブログでつながっているお仲間さんたちが口をそろえて「フレンズ」を絶賛しています。
 
「フレンズ」とは、10年も続いたアメリカの大人気コメディードラマ。

 

シットコム( situation comedy ) というジャンルに属しています。
 
放送終了から15年経つ今でも根強い人気がありますが、恥ずかしながら私は知りませんでした。
 
で、netflix で覗いてみたところ、そのおもしろさにすっかりハマっています。
 
1話が20分ほどです。ちょっとした時間にサクッと見れるので、シーズン1の第1話から順番に見ています。
 
2020年初頭にはnetflixでの配信が終了してしまうとのことなので、急いで見てます。
 
では、今回は「フレンズ」について、語ろうと思います(^^♪
 

 

フレンズとは

いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、友情や恋愛を、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。
1994年9月22日にアメリカのNBCテレビで放送を開始して以来、瞬く間に世界に広がり、最もヒットしたシットコムの1つとなった。2004年5月6日にアメリカでシーズン10の最終回を迎え、このときのアメリカでの視聴者数は5250万人にものぼった。
                                         wikipedia より引用

 

どんなお話?

主人公の仲良し男女6人(男女各3人)が織りなすドタバタコメディー。
 
個性的なキャラクターの6人が毎回登場します。
 
お笑いの要素満載で、下ネタもかなり・・(笑)
 

大ヒットの理由

主人公の6人が失恋や失職など様々な困難を経験しながらも仲間たちと支えあって明るく前向きに生きていく姿が共感を呼んでいます。
 
仲間が落ち込んでるときには寄り添ってまるで自分のことのように一緒になって考える姿は見ていてほっこりしますし、その悩みは誰にでも降りかかってきそうなあるある感も感じられ、一層親近感がわくのだと思います。
 
自分にもこういうことあったなぁとか・・・
 
でも、ほっこりするのも束の間、次の瞬間には強烈なジョークが飛び出して笑いの渦に飲まれます。
 
そんな奇想天外な展開がこのドラマの魅力です。
 
 

下ネタ満載

いやぁ・・・
男だけじゃなく、女の子たちもふつうにエッチです(笑)
あっけらかんとエッチな話をします(笑)
  

英語の勉強になる

私、字幕なしですべて理解できるわけじゃありません。
 
なるべく字幕は見ないようにして、わからなければ巻き戻して聞き直します。
 
それでもわからないときは字幕を見ます。
 
字幕を見れば英文スクリプトがわかることもあるんですが、英文でなんと言ったのか字幕を見てもわからないこともあります。
 
また、英文が聞き取れても、字幕にまったく別のことが書かれていることもあります。
 
これは、誤訳ではなくて、意訳ですね。
 
そのまま訳すよりもニュアンスが伝わりやすいようにしてあるんです。
 
そして、6人の会話を聞いていると参考になることがたくさんあります。
 
落ち込んでる相手を励ますとか、相手を傷つけないで断るとか、ピリピリしてる人をなだめるとか、そんなとき日本語でも言葉を選びますが、英語でも同じで気を遣います。
 
相手を笑わせたいときのジョークの入れ方やその反応の仕方なども見ていてためになります。
 
来年春まではnetflix で視聴できます。
 
DVD / ブルーレイも販売されています。
 
 DVD

 
 
 ブルーレイ

ではまた!

オンライン英語講師として、小中学生の英語学習と大人のためのやり直し中学英語をレッスン中。 英語習得は何よりもまず本人の努力が不可欠。その努力が楽しい努力になるように、生徒さんの心に寄り添うレッスンを心がけています。